大学を卒業する前に頬骨削りを行いました

長年のコンプレックスから解放された

医師から聞いていた通り2週間ほどでひどい腫れはおさまりましたが、それでもしばらくは手術したことが分かる見た目でした。
早めに実施していたので、大学の卒業式までには問題ない状態になっていましたし、もちろん入社にも間に合いました。
肝心の仕上がりについても非常に納得しています。
主張が強かった頬骨は頬骨削りのおかげで、他の人とほとんど変わらないくらいまで目立たなくなりました。
姉は自分の元彼のせいだと謝ってくれましたが、手術を行ったことで自信が持てる見た目になったので良かったです。
手術自体は怖かったですし、術後は痛みに悩まされることもありましたが、今では仕事関係で出会った男性と付き合うこともできています。
頬骨は長年のコンプレックスでしたが、思い切って頬骨削りを実施して本当に良かったです。
後押ししてくれた家族や協力してくれた教授には感謝しています。

出てる頬骨に悩み、母から手術を勧められる : 頬骨を削る手術は全身麻酔で行った : 長年のコンプレックスから解放された